広告代理店の役割

私たちの生活で見ない日はないテレビCMや雑誌の広告、街中の大きな看板広告。これらには「広告代理店」という会社が絡んでいて、広告を打ち出すのになくてはならない存在となっています。もしかすると、あまりメディアの世界に携わらない人には一体どんな仕事をしているのだろう?と、大まかなことが分かったとしても、詳しい事業内容には疑問符が出てしまう業種かもしれません。
広告代理店の業務内容としては、まず広告主とされている「お客様」に、広告の枠を売ってそこでかかった手数料を得たりすることがメインで、多くの「広告代理店」と呼ばれている業種はこれで生計を立てていると言ってもいいでしょう。時代の進化と共に事業の内容も変化してきていて、他にも広告主へのマーケティングサービスの提供や、情報をどんどん広げていくために改良、進化させたりする仕事も増えてきています。どちらかといえば今は広告枠を売りだすだけではなく、そういった業務も広告代理店の主な役割となっています。枠を売り出すだけの業種から、IT関連の発達により、さらに他の業務も広がっていっていることが考えられ、広告を運営するようにもなってきているのですね。
また、広告代理店はいつくかの分類に分けることが出来、総合広告代理店と言われる、皆さんもよく耳にしたことがあるであろう会社、電通や博報堂等、色々なメディアに対応していく総合会社のようなものであったり、専門広告代理店と呼ばれる、ある分野において秀でている広告代理店、ハウスエージェンシーと呼ばれる親会社の補助的役割にまわる為にできた広告代理店等、様々な種類の会社で成り立っています。
あまり広告代理店のことを知らない人にとっては、きっと総合代理店の方のみ広告代理店と認識している方が多いかもしれません。今は広告代理店も細分化されていて、その分専門的な部分での広告運用が強くなったと考えられます。時代が変わっていくと共に内容も変わりゆき、サービス内容も充実しゆく広告代理店。これからますます時代を担う職業となっていくことでしょう。